血流とでかいチンコの関係性

勃起時のチンコの硬さを決めているのは海綿体の血液の量なので、その血流量が少ない場合は挿入に必要な硬さが維持できません。そして勃起不全や中折れといった症状を引き起こします。
勃起時に必要な血の量はどれくらいかと言うと120から160cc程度と言われており、これは身体全体の血流量の3%前後。身体全体の血の量は約5Lです。ちんこがでかい欧米人などの場合ですと海綿体へ流れ込む血流量が多いです。大体170から190ccで欧米人のチンコは勃起しても硬さがいまいちという点が言えます。そのため日本人と比べても30cc程度の違いしかないということが言えるでしょう。ヤクルト一個が大体65ccなのでその2個分の血の量の差です。欧米人との差はヤクルト一本に対しての半分ということでそれほど大きな違いはないと言えるでしょう。しかし確実に言えることは、かたさと大きさには大きな影響がある血流量が一番重要だということです。
つまりでかい陰茎や硬い勃起力を目指す場合は、この血の量によく注目して対処を行っておくことが大切だということになります。また血の量は、カリの段差や硬さそれから大きさなどにも影響してくるので、精力剤などで血流を増やすことや陰茎増長トレーニングをしっかりと行なっていくことによって改善できるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です