SMC2015 結果速報

決勝戦結果発表

社会的課題の解決を目的とした「起業・創業」に挑戦する高い志を持つ近い未来の経営者を輩出する学生社会起業家支援プロジェクト「SOCIAL MAKERS CAMP 2015(SMC 2015)」の受賞者が決定いたしました。

全国から多くの学生にご応募いただき、当日600名近いご参加を賜り、誠にありがとうございました。

当日は株式会社京進 代表取締役社長 白川寛治氏、ロート製薬株式会社 代表取締役会長兼CEO 山田邦雄氏、エース証券株式会社 代表取締役社長 乾裕氏など総勢8名の審査員により厳正な審査が行われ、3名の方が入賞されました。おめでとうございます。

最優秀賞
NGUYEN QUANG THINH(グエン クアン ティン)
大阪府立大学大学院 工学研究科 2年生
透析患者の食卓をかえる~安定した流通システム~
副賞 賞金100万、「GVH#5」6か月使用権
京進賞
NGUYEN QUANG THINH(グエン クアン ティン)
大阪府立大学大学院 工学研究科 2年生
透析患者の食卓をかえる~安定した流通システム~
副賞 賞金5万、ハンズオン型支援
ロート製薬賞
田中 顕(タナカ ケン)
千葉大学 医学部医学科 4年生
PanGenesys~ゲノム価値創造プラットフォーム~
副賞 賞金5万、ハンズオン型支援
大阪府知事賞
田中 顕(タナカ ケン)
千葉大学 医学部医学科 4年生
PanGenesys~ゲノム価値創造プラットフォーム~
副賞 賞金5万、ハンズオン型支援
審査員特別賞
阪林 和貴(サカバヤシ カズキ)
奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 2年生
Sleep Innovation~今までにない睡眠~
副賞 賞金5万、ハンズオン型支援

最優秀賞

プレゼンテーションを終えて

阪林 和貴

Sleep Innovation~今までにない睡眠~

奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 2年生
阪林 和貴

こんにちは!奈良先端科学技術大学院大学の阪林和貴と申します。
この度は、私どものプレゼンテーションをお聞きいただきありがとうございました。

このプレゼンテーションで痛感した事、それは視覚だけでなく聴覚にも訴えるという大切さです。
聞いていただいた皆さんの中に、私のプレゼンが少しでも頭に残っているという方がいらっしゃれば今回のプレゼンは成功したと考えています。

ピロジョイはただのセンシングデバイスじゃない。
これからどう生きようか選択するとき、道標になる。


田坂 孝司

小さなグローバル

近畿大学 経営学部商学科 2年生
田坂 孝司

小さなグローバルの田坂です。
SMC2015の関係者の皆さん、参加者の皆さん、そしてメンターとして様々なご指導をしていただいた中西さん、ブロードエンタープライズのみなさん、本当にありがとうございました。

みなさんのおかげで大変貴重な経験をさせていただきました。
この経験を生かして、私たちの理想とする社会に少しでも近づけるために尽力してまいります。 私たちのプランが、外国人と日本の関係について考えるきっかけとなることを願ってやみません。

小さなグローバル 田坂孝司


NGUYEN QUANG THINH

透析患者の食卓をかえる~安定した流通システム~

大阪府立大学大学院 工学研究科 2年生
NGUYEN QUANG THINH

TOSEKI野菜のグエン クアン テインです。
今回、SMC2015で大変貴重な経験をさせて頂き、そして最優秀賞及び京進賞を頂いて本当に光栄で嬉しく思っております。
今までいつも暖かく応援してくれた私の家族を始め、適切なご指導をして頂いた大阪府立大学の先生の方々、積極的な協力の研究チームの皆さん、素敵なサポートのSMC2015の関係者の皆様、11月3日の決勝大会に出席してくださった方々、いつも応援してくださった日本・母国の知り合いの方々に心から感謝を申し上げます。

私は日本の農業技術を研究していますが、日本の透析患者に出会う機会が多く、そのきっかけに透析患者の悩み・希望を聞かせて頂きました。そのため、自分ができるところでも何とか透析患者のために喜びを届けたいと思うようになりました。その思いで、SMC2015で本プランを提案しました。

嬉しいことに、多くの方々から応援と期待を頂き、今後、本プラン実現のために更に頑張りたいと思います。
今後とも皆様の応援をよろしくお願いします。本当にありがとうございました。


田中 顕

PanGenesys~ゲノム価値創造プラットフォーム

千葉大学 医学部医学科 4年生
田中 顕

ご参加下さった皆さん、スタッフを始めとした関係者の方々、そして最後に同じプレゼンターの方々、先日は本当にありがとうございました。

私のテーマが最も身近でなく、分かりづらいものであったにも関わらず、たくさんの方々から応援のお言葉を頂きました。

今後ともよろしくお願い致します。


圓尾 翔

大切な家族のためのサービス~より良い繋りを求めて~

大阪府立大学 工学部 電気電子系学科 1年生
圓尾 翔

このSMCを終えて最優秀賞を取れなかった悔しさと、皆さんからの激励を受けて、これから更に頑張って行こうと思いました。

世の中の人たちが
「自分の家族、おじいちゃんおばあちゃんを大切に思い、人を大切にすることは素晴らしいことなんだ」
ということをもっともっと社会に広げていきたいと思いました。

とても面白く、やりがいのある経験をありがとうございました!


副賞

GVH#5

新ビジネス創生を目指す起業家(スタートアップ)を支援

GVH#5

関西を元気にする取り組みとして、関西を拠点とするスタートアップの活動を応援しています。
昨年末、阪急梅田駅徒歩2分の立地にスタートアップのための会員制オフィス「GVH#5」(ジー・ブイ・エイチ・ファイブ)を開業し、今年春には、創業期のスタートアップを対象としたベンチャーファンド「梅田スタートアップファンド」を立ち上げました。

今回、阪急電鉄は副賞として、起業を目指す人々が集い、新たな出会いが生まれる会員制オフィス「GVH#5」の6ヶ月使用権を進呈いたします。